M・ナイト・シャマラン監督新作『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』の最新情報まとめ:あらすじ、キャスト、公開日などを解説

2021年10月15日金曜日

ホラー

t f B! P L
M・ナイト・シャマラン
この記事ではM・ナイト・シャマラン監督の新作映画『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』のあらすじ、キャスト、公開日などの最新情報をまとめています。

新作タイトルは『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』

2021年10月、ユニバーサル・ピクチャーズはM・ナイト・シャマラン監督の新作映画が『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』というタイトルであると正式に発表しました。

同時にユニバーサルはこの映画の公開日を2週間前倒しにして2023年2月3日にしたことも発表しています。

この発表を受けてシャマラン監督はインスタグラムに動画を掲載しています。

映画『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』の公開日

映画『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』のアメリカにおける公開日は2023年2月3日です。日本における公開日は2021年10月の時点でまだわかっていません。

当初シャマラン監督の新作は2023年2月17日に公開される予定でしたが2週間前倒しされています。これは2023年2月17日に公開が予定されるMCUの『アントマン&ワスプ:クワントゥマニア』とかち合わないよう配慮したものと思われます。

2021年10月の時点でシャマラン監督の新作は2023年2月の第1週に公開が予定される唯一のメジャーな作品。この映画の2週間前にはソニーの『クレイヴン・ザ・ハンター(原題)』が、翌週には『Harold and the Purple Crayon(原題)』の公開が予定されています。

ユニバーサルは2月にリリースされた『ゲット・アウト』や『透明人間』といったホラー映画が大ヒットとなったことにあやかろうとしているようです。

映画『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』のキャスト

映画『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』の登場人物やキャストは2021年10月の時点で情報がありません。新情報がありましたら随時掲載する予定です。

映画『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』のあらすじ

映画『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』のあらすじは2021年10月の時点で情報がありません。

2021年8月にシャマラン監督は脚本の第3稿は100ページであることを明かしています。

これまでのシャマラン監督の作品と同じく驚愕の結末が用意されているのではないでしょうか。

撮影日程についての情報も2021年10月の時点で明らかになっていません。

2021年に公開された『オールド』の撮影は公開日まで1年を切ってからクランクインしており、同様の日程であれば、2022年夏頃には撮影に入っていると思われます。

シャマラン監督とユニバーサル・ピクチャーズ

M・ナイト・シャマランは現代アメリカ映画界で最も多作な監督のひとりです。

シャマランは1996年に公開された『シックス・センス』のどんでん返しで世界の映画ファンを驚かせたのを皮切りに2000年代にいくつかヒット作を送り出しました。

しかし、その後は低迷が続き、2010年代半ばにはシャマランの監督としてのキャリアは終わったかと思われるほどの危機を迎えます。

そのようなシャマラン監督のカムバックを強く印象づけたのが2015年にユニバーサル・ピクチャーズからリリースされた『ヴィジット』でした。

その後シャマラン監督はユニバーサルのもとで『スプリット』(2016年)のようなヒット作を量産するようになります。

2021年に公開された『オールド』は同時期に公開された『G.I.ジョー: 漆黒のスネークアイズ』を抜いて興行収入トップになっています。

映画『オールド』のキャストやあらすじのネタバレ解説、原作との比較などは以下の記事を御覧ください。

この記事では映画『オールド』のあらすじ、キャストや原作との違いをネタバレも含めて解説・考察します。『オールド』は2021年に公開されたM.・ナイト・シャマラン監督のサスペンス映画。人間の老化が加速する謎の海岸に閉じ込められた家族の恐怖を描く物語です。

映画『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』の続報に期待大

この記事ではM・ナイト・シャマラン監督の新作映画『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』のあらすじ、キャスト、公開日などの最新情報をまとめました。

シャマラン監督の新作はどのようなどんでん返しが隠されているか、今から楽しみです。

当サイトでは映画『ノック・アト・ザ・キャビン(原題)』の最新情報を随時掲載していく予定ですのでご期待ください。

QooQ