シャンチーのモーリスについて徹底考察!中国神話で読み解くMCUフェーズ4のテーマ“カオス”

2021年9月2日木曜日

MCU 映画

t f B! P L
モーリス、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』
この記事ではMCU映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』に登場する「モーリス」と呼ばれるキャラクターについて解説・考察します。特に今回は中国神話でモーリスのモデルになったキャラの起源から、MCUフェーズ4のテーマとの関連に焦点を置きました。

シャンチーのモーリスは中国神話の神・渾沌

ハズプロ・マーベルレジェンド・フィギュアでその姿が知られる

モーリスは予告映像などではほとんどその姿が見られません。しかし、ハズプロ社のマーベルレジェンドシリーズのケイティのフィギュアに付属していたことため早い時期から「シャンチー」で重要な役割を果たすものと見られていました。

以下の広告画像でケイティの隣りにいる4枚の翼と6本の脚を持った顔のない謎の生物がモーリスです。

映画のなかでこの生物は、ウェンウーに捕まった偽マンダリンことトレバー・スラッタリーがテン・リングスの牢獄でペットにしており、モーリスという名前がつけられています。モーリスは神話の街から来た動物で、シャンチーたちを神話の街に案内します。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の詳しいあらすじはこちらの記事で紹介しました。

【公開前独占リーク】この記事ではマーベル(MCU)映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(略して「シャンチー」)のあらすじやキャストを試写会の情報をもとにネタバレも含めて詳しく解説します。

モーリスは中国神話のカオスの神・渾沌(帝江)

渾沌

モーリスは4枚の翼と6本の脚を持ち、顔がないという外見から中国神話に登場する神または怪物のひとつである渾沌と見られます。

渾沌は宇宙創生以前の事物の区別が存在しない世界の象徴。他の宇宙の支配者とならんで。宇宙の中央に住む「中央の帝」です。

『荘子』では南海の帝と北海の帝が渾沌の恩に報いるため、顔のない渾沌に目、鼻、耳、口の穴を無理やりあけたところ、渾沌は死んでしまいました(『荘子』内篇應帝王篇、第七)。

『荘氏』の渾沌は良い神様で、『山海経』に登場する天山の神・帝江や『史記』などに登場する中国の伝説上の五帝の最初の帝・黄帝と同一視されます。

一方、渾沌には怪物に変化した存在として『春秋左氏伝』に見られる「渾敦」があり、こちらは善人を忌み嫌って悪人に媚びる、四凶の一つとされています。

シャンチーのモーリスがMCUのマルチバースで果たす役割を考察

このように中国神話で重要な神の渾沌をモデルにしたモーリスは、映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』を越えてMCUのマルチバースでさまざまな役割を果たす可能性があります。そこで次にモーリスが今後のMCUで果たせる役割を考察してみましょう。

宇宙の創始者

中国神話の渾沌は宇宙の創生と深く結びついていることから、モーリスはMCUのマルチバースが誕生する以前から存在する神のような古い種と言えます。「シャンチー」の次に公開される『エターナルズ』の不死の宇宙種族と似ていますね。

このためモーリスはことなるユニバースの間を移動して、MCUのタイムラインで重大なイベントを発生させる力を持っている可能性があります。

MCUはフェーズ4に入って『エターナルズ』以降、神話に起源を持つキャラが続々と登場する予定。モーリスもその先駆けのひとりです。「シャンチー」のミッド=クレジット・シーンではドクター・ストレンジの盟友・ウォンがシャンチーたちと仲良くなっています。アボミネーションも手なづけたウォンが、モーリスも仲間にする可能性は捨てきれません。

ネクサス・ビーイングのひとりとなるか?

MCUはフェーズ4で、コミックと同じく「ネクサス」と呼ばれる考え方を導入しました。ドラマ『ロキ』で説明されたように、登場人物が別の選択をした結果、物語が分岐して別の時系列が生じることが「ネクサス・イベント」。このイベントを発生させる力を持った存在が「ネクサス・ビーイング」です。

MCUで初めてネクサス・ビーイングとして確認されたのはドラマ『ワンダビジョン』のワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチです。ドラマ『ロキ』のロキや彼の変異体であるシルヴィもネクサス・ビーイングと言えます。

モーリスが神話のモデルのように宇宙創生の力を秘めているとすると、モーリスもタイムラインを良きにつけ悪しきにつけ変化させるネクサス・ビーイングとなる可能性があります。

MCUフェーズ4の重要テーマ“カオス”との関連を考察

中国神話の渾沌をモーリスという形で登場させたことで、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は“カオス”がMCUフェーズ4の重要なテーマであることを印象づけました。

フェーズ4の第1弾となったドラマ『ワンダビジョン』でスカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)はカオス・マジックを使って、自分のための世界を作り出しました。

次のドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』でも、世界にアナーキーをもたらそうとする武装集団フラッグ・スマッシャーズの目標はカオスです。

最後にドラマ『ロキ』ではシルヴィがロキに「ユニバースはカオスを出現させるために解き放たれることを求めている」と語っています。彼女はカオスを創り出すことがロキやその変異体が宇宙に存在する理由だと考えているのです。

中国神話の渾沌に起源を持つモーリスも、『ドクター・ストレンジ2』に向けてマルチバースをさらなる混乱に導く可能性を秘めています。

愛嬌ある見た目に巨大な可能性を秘めたモーリスの活躍が楽しみ!

この記事ではMCU映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』に登場する「モーリス」と呼ばれるキャラクターについて解説・考察しました。

中国神話でモーリスのモデルになった渾沌の特性から、モーリスはMCUフェーズ4の重要テーマ“カオス”との関連で今後も重要な役割を果たす可能性を秘めています。

愛嬌ある見た目でベビーグルート並みに人気の出そうなモーリスの今後の活躍が楽しみです!

QooQ