動画配信サービスの2019年市場規模、映画劇場興収を上回る!シェアトップはNetflix

2020年2月14日金曜日

動画配信

t f B! P L
U-NEXT
定額制動画配信(SVOD) サービス別市場シェア推移
2019年、日本の動画配信サービスの市場規模は拡大を続け、同年の映画興行市場規模を上回ったものと見られます。この記事では、映画・映像エンタテイメントに特化したマーケティングデータ分析を行うGEM Partnersのリポートをもとに、2019年の動画配信市場の動向や今後の予測を紹介します。

あわせて読みたい

2020年、日本でもついに4人に1人が有料動画配信サービスを利用する時代になりました。この記事では、2020年9月に発表されたリポートから、日本における有料動画配信サービスの利用動向を紹介します。

調査の概要

今回紹介するGEM Partnersのリポートは、「動画配信/放送/ビデオソフト市場ユーザー分析レポート」というタイトルで、2019年11月に行われた消費者調査の結果をもとにしています。調査には、日本全国の15~69歳の男女19,914人から回答がよせられました。

その結果得られた数値に、総務省統計局発表の人口統計と等しくなるように重み付けを行って、現在の市場規模や今後の動向を同社が推計しています。

なおこの調査には、映画、ドラマ、アニメに加え、ミュージックビデオ、アダルトなどすべての映像コンテンツが含まれています。

2019年の動画配信市場規模、同年の映画興行収入を上回る

2019年の動画配信の市場規模は、GEM Partnersの推計によりますと、前年比22.4%像の2,692億円となりました。

日本映画製作者連盟が発表した同年の劇場年間興行収入は2,611億円ですから、動画配信の市場規模が、映画の劇場興行収入を上回ったものと見られます。

動画配信サービスを契約形態別のシェアで見てみますと、Amazonプライム・ビデオのような、一定の月料金を払うと見放題という「定額制動画配信(SVOD)」が80.2%と圧倒的多数を占めています。1作品ごとに料金を払う「レンタル型動画配信(TVOD)」や「動画配信販売」は、それぞれ11.6%に8.2%のシェアでした。

定額制動画配信サービス、シェアトップはNetflix

動画配信の圧倒的多数を占める、定額制動画配信(SVOD)市場に目を向けますと、2019年の市場規模は2,158億円だったと推計されます。

ブランド別の市場シェアの推計では、Netflixが前年比5.4ポイント増の13.8%と、一気にトップに躍り出ました。ちなみにNetflixは2019年のオリコン顧客満足度調査でも、定額制動画配信ランキングの第1位を獲得しています。

またAmazonプライム・ビデオも前年比1.6ポイント増で3位に浮上しています。

一方、2018年にシェア1位だったdTVは3.3ポイント減で6位に転落、2018年3位のHuluも0.5ポイント減で5位に転落しています。U-NEXTは0.2ポイント増加して、シェア4位の地位を維持。シェア2位はスポーツに特化したDAZNで変わりませんでした。

定額制動画配信サービスは、数ポイントのシェアの変動で順位が大きく入れ替わる、激戦市場であることがうかがえます。

2021年には動画配信がDVD・ブルーレイを上回る見込み

さらにGEM Partnersは、消費者調査の結果に加え、日米の動画配信のこれまでの普及実績を踏まえて、2024年までの動画配信市場の規模を3つのシナリオで試算しています。

「ベース」のシナリオでは、2019年から2024年の5年間で動画配信市場は年平均10.3%成長し、2024年には4,389億円まで拡大するという予測になりました。

同時に行ったDVD・ブルーレイの市場規模の予測では、2024年にかけて同市場が縮小する傾向が見られます。動画配信市場とDVD・ブルーレイ市場の比較では、2021年に動画配信市場がDVD・ブルーレイを上回り、2024年にはDVD・ブルーレイ市場の約1.6倍の規模に達するという予測です。

動画配信サービスが、DVD・ブルーレイに取って代わりつつあることを強く印象づける結果となりました。

放送やレンタルビデオに取って代わりつつある動画配信サービス

この記事ではGEM Partnersのリポートをもとに、2019年の動画配信市場の動向や今後の予測を紹介しました。動画配信サービスが着実にシェアを増やし、テレビ放送やレンタルビデオに取って代わりつつあることが、ご理解いただけたと思います。

特にAmazonプライム・ビデオなどの定額制見放題の動画配信サービスは、近年コンテンツの充実が顕著です。テレビ放送のように視聴や録画を忘れたり、レンタルのように希望のタイトルが借りられていたり、ディスクを返し忘れたりという心配もありません。

インターネットと対応機器さえあれば、手頃な月料金でいつでも好きな動画を楽しめる定額制動画配信サービス。主要なサービスは無料お試し期間も用意していますから、気軽に利用し始めてみてはいかがでしょうか。

ブログ内検索

QooQ