【映画のジャンル】フィルム・ノワールとは

2022年7月16日土曜日

映画用語

t f B! P L
Anna Marie・ベルリン・リポート
フィルム・ノワールとは、犯罪の多い大都市を舞台にした暗い雰囲気の映画です。 ※この記事は映画用語集の一項目です。

フィルム・ノワールの定義

厳密な意味での「フィルム・ノワール」とは、1927年の『暗黒街』に始まり、1958年の『黒い罠』に終わるとされる、一連のハリウッド製の陰鬱な映画のジャンルです。

フィルム・ノワールの特徴

特徴としては、暗くふさぎ込んだ登場人物、汚職、刑事や探偵、大都市の陰鬱な側面といったことがあげられます。おおむね白黒映画で、時代設定は、作品の製作時期と同年代です。

サブジャンル

このような雰囲気を共有する新しい映画は、「ネオノワール」と呼ばれます。

代表的作品

「フィルム・ノワール」の代表的な作品は、『マルタの鷹』(1941年)、『深夜の告白』(1944年)、『三つ数えろ』(1946年)です。

映画用語集へ戻る

映画のジャンル一覧へ戻る

QooQ