【海外ドラマで学ぶ英語】アメリカ版『The Office』:相手に許可を求める表現と答え方

2021年2月14日日曜日

コメディ 英語学習 動画配信

t f B! P L
アメリカの会社のオフィスを舞台にしたコメディシリーズ『The Office』は、ビジネス英会話の表現の宝庫といえます。今回はこの『The Office』から、「~してもいいですか」と相手に許可を求める表現を学習しましょう。

表現とダイアログ

今回勉強する「~してもいいですか。」と相手に許可をもとめる英語の表現は、Do you mind if I … ?です。

 

今回のダイアログは第1シーズン第1話から、ミーティング中にかかってきた電話にこたえていいか尋ねるシーンを取り上げます。

Michael: … [Telephone rings] Oh uh, Todd Packer, terrific rep. Do you mind if I take it?
マイケル:[電話の音]ああ、トッド・パッカー、凄腕営業マンですよ。電話に出てもいいですか。
Jan: Go ahead.
ジャン:どうぞ。

表現解説

Do you mind if I … ?とは「…以下のことを私がしたら、あなたは気にしますか」という意味。Can I … ?と同じ意味ですが、少し丁寧な言い回しで頻繁に用いられる表現です。

Yes/Noだけで答えない

Do you mind if I … ?と尋ねられたときの答え方で注意すべきことは、YesかNoだけで終わりにしないことです。

相手に許可を与える場合には、「気にしませんよ(No, I don’t mind)」と答えるのが文法的には正解かもしれません。

しかし「~してもいいですよ(Yes, you can do that)」の意味で反射的にYesと答えてしまうケースもあるでしょう。

ところがYesとだけ答えた場合、「気にしますよ(Yes, I do mind)」という意味になるので、質問者は拒否されたと思う可能性が高いです。

逆にNoだけの答えでは、本当に気にしないかどうか、相手は確信が持てません。

同じエピソードから次にあげるダイアログは、そのような曖昧さのよい例です。

Pam:Do you mind if I go out for a drink with these guys?
パム:会社の人たちと飲みに行ってもいいかしら。
Roy:No, no. Come on. Let’s get out of here and go home.
ロイ:うん、いや。なあ、うちに帰ろうよ

受付係のパムが婚約者のロイに、仕事のあと飲みに行ってもいいか尋ねるシーンです

ロイの答えで最初のNoは「気にしないよ」ということなのでしょうが、次のNo以下で本当は彼女と一緒に帰りたい、彼の本心が明らかになります。

許可を与えるときにはSure/Go aheadと言おう

 

Do you mind if I …?と訊かれたら。誤解を避けるため、必ず何か一言付け加えるか、少なくともジェスチャーで自分の意志を明確に伝えるようにしましょう。

相手に許可を与える場合には、最初にあげたダイアログのようにGo aheadやSureと言って相手に促すのが一般的でわかりやすい答え方です。

逆に断りたい場合は、Sorryと言ってその後に理由を付け加えるとよいでしょう。

応用練習

たとえば飲食店などで、「ここに座ってもいいですか(Do you mind if I sit here?)」と相席してもいいかどうか訊かれたとします。

相席でもよければ、Sure/Go ahead、席が空いていない場合には、Sorry, the seat is takenと答えれば、誤解の可能性が生じません。

たとえ反射的にYesと言ってしまっても、Go aheadと付け加えれば、質問者は許可が得られたと理解できるので、確実に意志を伝えることができるのです。

海外ドラマ『The Office』アメリカ版の作品情報

ここからは海外ドラマ『The Office』アメリカ版の作品情報と、無料で観られる動画配信サービスを紹介します。

海外ドラマ『The Office』アメリカ版の概要

『The Office』は、会社のオフィスのマネージャーと部下たちの日常を描いたシチュエーション・コメディです。

俳優たちのアドリブも取り入れてドキュメンタリー風に進んでいくため、本物の会社のなかを見ている気分になります。

もともとは2001年から2003年まで英国BBCで放送された同名のシリーズでした。これをもとに舞台をアメリカ・ペンシルベニア州に代えて改作したのがアメリカ版『The Office』です。

アメリカ版は英国版を上回る好評で、9シーズン201話まで製作されるロングランヒットとなりました。ゴールデン・グローブ賞やエミー賞も受賞し、史上最高のテレビ番組の1つにあげられることもあるほどの名作ドラマです。

  • 原題:The Office
  • 放送局:NBC
  • メインキャスト:スティーヴ・カレル、レイン・ウィルソン、ジョン・クラシンスキー、ジェナ・フィッシャー
  • 放送年:2005~2013年
  • シーズン数:9シーズン
  • エピソード数:201話
  • 製作国:アメリカ

海外ドラマ『The Office』アメリカ版第1シーズン第1話抜粋

今回のダイアログは、以下の動画の6分43秒付近です。

海外ドラマ『The Office』アメリカ版が今すぐ無料で観られる動画配信サービス

アメリカ版『The Office』は、日本では2021年2月の時点で、Netflixが第3シーズンまで、Huluが第2シーズンまでを定額制見放題で配信しています。

ただし、アメリカのNetflixは2020年12月31日をもって『The Office』の配信を終了してしまいました。日本でもいつまで配信が続けられるかわかりません。

そこで、アメリカ版『The Office』を日本で観るならばHuluがおすすめです。

\今すぐHuluを使ってみる/

Hulu

海外ドラマ『The Office』アメリカ版を無料で観るならHuluがおすすめ

Huluを利用したことのない方には、2週間の無料お試し期間(無料トライアル)があります。

この期間中は、無料で有料会員と同じように、動画見放題のサービスを楽しむことができます。期間中に解約すれば月額料金が発生することもないので安心です。

アメリカ版『The Office』はシーズン1と2あわせて28話。1話が30分弱ですから毎日2話ずつ観ると、ちょうど2週間で見終わることができます。

つまり無料トライアルを利用すれば、アメリカ版『The Office』のシーズン1と2の全エピソードを無料で観ることができます。

まだHuluを使ったことのない方は、無料トライアルをぜひ利用してみてください!

Huluとは

Huluとは、海外ドラマや映画、アニメ、バラエティなどの動画を、一定の月額料金で見放題で楽しめる定額制動画配信サービスです。

もとはアメリカ発の動画配信サービスですが、日本では日本テレビグループと提携しています。このため日本テレビ系列の作品が多いのも特長の1つです。

2020年9月現在、月額1,026円で合計約7万本の動画を視聴できます。

Huluではアメリカ版『The Office』のほかに、イギリス版『The Office』『ザ・スプリット 離婚弁護士』、『ビバリーヒルズ再会白書』、『ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心』、『レクティファイ 再生』といった海外ドラマを配信しています。

特にイギリス版『The Office』と『ザ・スプリット 離婚弁護士』はイギリスのオフィスや弁護士事務所が舞台ですから、ビジネス英会話の学習に最適です。

\今すぐHuluを使ってみる/

Hulu

QooQ