ベルリンの観光名所ランキング・トップ11+地図【2020年】

2019年8月22日木曜日

ドイツ ベルリン 観光

t f B! P L
ブランデンブルク門、ベルリン


ドイツの首都ベルリンは意外と観光スポットが多く、限られた時間でどこを見ればいいか悩むところです。

そこで日本人観光客のニーズにあわせた名所ランキングを、ドイツ観光局とベルリン市観光局の資料を元に、インターネットでの調査も加味して作成してみました。

ベルリン旅行の観光スポット選びにお役立てください。






ランク付けの方法

今回のランキングの出発点はベルリン市観光局の発表しているベルリンの観光名所トップ10です。これにドイツ観光局の人気スポットランキングトップ100 に入ったベルリン動物園を追加して、11ヶ所の観光地のランクを競いました。

ランク付けのもとになる得点は次のように計算しました。

  1. まずベルリン市観光局のランキング順位を1位は1点、2位は2点という形で点数に換算しました。ベルリン市観光局のリストに入らなかったベルリン動物園は11点としました。
  2. 次にドイツ観光局の人気スポットランキングトップ100にあげられたかどうかを加味しました。このランキングはドイツ観光局(GNTB)が2016年9月から2017年7月までの間に、60ヶ国以上約32,000人を対象に行った調査の結果から集計されたものです。ベルリンからドイツ観光局のトップ100にランキング入りしたのは、ベルリン動物園(99位)、ドイツ国会議事堂(90位)、ベルリンの壁(71位)、ブランデンブルク門(37位)の4ヶ所でした。この4ヶ所には下から順番に4点、3点、2点、1点を与え、その他の観光スポットには平等に5点ずつ与えました。
  3. 最後に日本人がベルリンの観光地にどれだけ興味を持っているかも考慮に入れるためにインターネットの検索数を調査しました。この調査は2019年7月末に行いました。検索数が多い順番に1点から10点までの得点を与えました。インターネット検索数が少なくて測定できなかった2ヶ所には平等に10点ずつ与えました。

最後に1~3の得点を合計した総得点が少ない順に1位から11位までランク付けしました。

それでは早速結果を見ていきましょう。


ベルリンの観光名所ランキング:11位〜8位

11位:ポツダム広場

ポツダム広場

得点

  • ドイツ観光局TOP100:ランキング外(5点)
  • ベルリン市観光局TOP10:10位(10点)
  • インターネット検索:7位(7点)
  • 合計:22点

解説

ベルリンの壁の無人地帯の荒野から復活して近代高層建築が林立するポツダム広場。

数ある建物の中でも2000年に完成したソニーセンターが日本人には親しみが持てます。
とりわけ同センター内にあるレゴランド・ディスカバリー・センターが家族連れに人気です。

またドイツ料理とドイツ・ビールを気軽に楽しみたい方には、レストラン「リンデンブロイ」がオススメ。

ソニーセンターから通りを1つ渡ると、世界的に有名なオーケストラ・ベルリン・フィルハーモニーのコンサートホールとベルリン楽器博物館を見学できます。

概要


10位:クアフュルステンダム

クアフュルステンダム
地下鉄クアフュルステンダム駅出口からカイザー・ヴィルヘルム記念教会を望む

得点

  • ドイツ観光局TOP100:ランキング外(5点)
  • ベルリン市観光局TOP10:6位(6点)
  • インターネット検索:計測不可(10点)
  • 合計:21点

解説

全長3.5キロメートルに及ぶ、ベルリン西部の目抜き通り。高級ブティックなどが軒を連ねて日本人からは「ドイツの銀座」と呼ばれています。

クアフュルステンダムの東端には、第2次世界大戦の空襲の被害を現在に伝えるカイザー・ヴィルヘルム記念教会、ドイツ有数のデパート「カールシュタット」やショッピングモール「ヨーロッパ・センター」があります。

そこから地下鉄で一駅先のウーラント・シュトラーセから西には、ケンピンスキー・ホテル・ブリストル・ベルリンを皮切りに、シャネル、ルイ・ビトン、サンローランなどの高級ブティックがあります。

ファッション、グルメに興味のある方には必見の地域です。

概要


9位:ベルリン動物園

ベルリン動物園
ベルリン動物園の象

得点

  • ドイツ観光局TOP100:99位(4点)
  • ベルリン市観光局TOP10:ランキング外(11点)
  • インターネット検索:5位(5点)
  • 合計:20点

解説

創立1844年、ドイツ最古の動物園である「ベルリン動物園(Zoologischer Garten Berlin)」。ベルリン西部の都会を忘れさせる33ヘクタールの敷地に1,400種、20,200頭の動物が飼育されています。

2017年夏にオープンした5,480平方メートルの広大な「パンダ園」では、四川省の自然をモデルにした敷地内で暮らすジャイアントパンダが見もの。

お子様連れの方には、動物に実際に触れることのできる「子供動物園」がオススメです。

ベルリン市観光局ではランキング外でしたが、ドイツ観光局の観光スポットランキングにピックアップされたことと日本人の高い関心に押されて9位に浮上しました。

概要

  • 名称:Zoologischer Garten Berlin
  • 住所(クリックで地図表示):Hardenbergplatz 8, 10787 Berlin
  • 公式HP:https://www.zoo-berlin.de/en
  • 開園時間
  • 1月1日~2月24日:午前9時~午後4時30分
  • 2月25日~3月31日:午前9時~午後6時
  • 4月1日~9月29日:午前9時~午後6時30分
  • 9月30日~10月27日:午前9時~午後6時
  • 10月21日~12月31日:午前9時~午後4時30分
  • 年中無休、12月24日は午後2時で閉園

8位:ジャンダルメンマルクト

ジャンダルメンマルクト
コンツェルトハウス(左)とドイツ聖堂(右)

得点

  • ドイツ観光局TOP100:ランキング外(5点)
  • ベルリン市観光局TOP10:4位(4点)
  • インターネット検索:計測不可(10点)
  • 合計:19点

解説

ドイツ聖堂、コンツェルトハウス(コンサート・ホール)、フランス聖堂といった人気スポットに囲まれて「ベルリンで最も美しい広場」と言われるジャンダルメンマルクト。いつも多くの市民や観光客で賑わっています。

近所にはショッピングや休憩に魅力的なお店が一杯。

ファッション好きやグルメの方にはフランスのデパート「ギャラリー・ラファイエット」のベルリン支店、チョコレート好きの方にはドイツの有名なチョコレート「リッタースポーツ」直営店、お土産には東ドイツの信号デザインで今でも愛される「アンペルマン」のショップがオススメです。

アンペルマン

概要



ベルリンの観光名所ランキング:7位〜4位

7位:シャルロッテブルク宮殿

シャルロッテンブルク宮殿

得点

  • ドイツ観光局TOP100:ランキング外(5点)
  • ベルリン市観光局TOP10:7位(7点)
  • インターネット検索:5位(点)
  • 合計:17点

解説

ベルリン西部にあって広大な庭園に囲まれ、豪華絢爛な内装も有名なシャルロッテンブルク宮殿。街の中心部から少し離れていますが、日程に余裕がある方にはピクニックもかねてオススメの観光スポットです。

宮殿の名前は、完成を前に1699年に36歳の若さで世を去ったゾフィー・シャルロッテ・フォン・ハノーヴァーに由来します。第2次世界大戦で大きな被害を受けましたが、見事に再建されました。

宮殿内部ではオリジナルに忠実に再現された部屋や大広間、美術品が展示してある長い廊下が見逃せません。さらにベルリン王立磁器製陶所製作の磁器の展示や礼拝堂、フリードリッヒ1世の寝室なども見ものです。

概要


5位:博物館島(地図6番)

博物館島、ベルリン
ボーデ博物館(博物館島)、左後方はテレビ塔

得点

  • ドイツ観光局TOP100:ランキング外(5点)
  • ベルリン市観光局TOP10:8位(8点)
  • インターネット検索:3位(3点)
  • 合計:16点

解説

ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されている「博物館島(ムゼウムスインゼル)」は、5つの博物館・美術館が集中するシュプレー川の中洲です。

バビロンのイシュタル門や古代都市ペルガモンの大祭壇が展示されるペルガモン美術館や、古代エジプト絶世の美女「王妃ネフェルティティの胸像」を収蔵する新博物館をはじめ、歴史・美術に興味のある方には必見の観光スポットです。

ベルリン市観光局のランキングでは第8位とふるいませんでしたが、日本人の関心が高いことからベルリンテレビ塔と並んで第5位に浮上しました。

概要

  • 名称:Museumsinsel
  • 住所(クリックで地図表示):Bodestr. 3, 10178 Berlin
  • 公式HP:http://www.museumsinsel-berlin.de/en/home/
  • 開館時間(ペルガモン博物館)
  • 月〜水曜日:午前10時〜午後6時
  • 木曜日:午前10時〜午後8時
  • 金〜日曜日:午前10時〜午後6時
  • 12月24日休館、12月31日:午前10時〜午後2時

5位:ベルリンテレビ塔

テレビ塔、アレクサンダー広場、ベルリン
ウラニア世界時計(左)とテレビ塔(右)

得点

  • ドイツ観光局TOP100:ランキング外(5点)
  • ベルリン市観光局TOP10:3位(3点)
  • インターネット検索:8位(8点)
  • 合計:16点

解説

ベルリンの歴史的繁華街アレクサンダー広場にそびえ立つ高さ368メートルのテレビ塔は、東ドイツの工業力を内外に誇示するために1960年代に建設されました。

高台に立つとベルリンのどこからでも見えるので、現在もベルリンのランドマークとして親しまれています。

地上約200メートルのところにある球体の中のレストランと展望台が、とりわけ観光客に人気のある場所です。

展望台の上にあるレストランは、20分で360度回転するようになっており、ベルリンのパノラマ夜景を楽しみながらの夕食にいかがでしょうか。

近くのアレクサンダー広場にある世界146の地名を刻んだウラニア世界時計は待ち合わせ場所としても有名。2019年に完成50周年を迎えたことからマーケティング権が開放され、新しい土産物としても注目を集めています。

概要


4位:ベルリン大聖堂

ベルリン大聖堂

得点

  • ドイツ観光局TOP100:ランキング外(5点)
  • ベルリン市観光局TOP10:5位(5点)
  • インターネット検索:4位(4点)
  • 合計:14点

解説

博物館島で大きな円屋根がひときわ目を引くベルリン大聖堂。現在の建物は戦災で破壊された1905年の建築を縮小して再建したものです。

オリジナルに忠実に再現された内部の装飾が荘厳な雰囲気をかもし出します。円屋根を登って外に出ると、眼下にベルリンの360度パノラマが広がります。

さらに地下には、神聖ローマ帝国の選帝侯やプロイセン王などを輩出したホーヘンツォレルン一族の棺が安置されています。

16世紀終わりから20世紀初頭までのさまざまなスタイルで装飾された94の棺が土産話のネタに絶好です。

概要



ベルリンの観光名所ランキング:トップ3

3位:ドイツ国会議事堂

ドイツ国会議事堂

得点

  • ドイツ観光局TOP100:90位(3点)
  • ベルリン市観光局TOP10:1位(1点)
  • インターネット検索:9位(9点)
  • 合計:13点

解説

ベルリン市観光局、一番のオススメがドイツ民主主義の象徴である国会議事堂です。

19世紀後半にドイツが統一国家となったときに、ドイツ国民の代表が集まるのにふさわしい議事堂として建設されました。

ヒトラーとナチス党が政権を掌握した1933年に放火で全焼した後は1970年代まで本格的な修理が行われないまま放置されていました。

1990年にドイツが再統一され、ベルリンへ連邦議会が移転されることに決まったことから、1999年までの間に大規模な修復が行われ現在の形となりました。

見どころは、ベルリンの街を見渡せる中央上部のガラスドームです。観光客に人気で行列ができています。

議事堂内の訪問は無料ですが、オンラインまたはチケットセンターでの事前登録とパスポートが必要です。

チケットセンターでの当日予約は待ち時間が長いので、事前登録がオススメです。

概要


2位:ベルリンの壁

ベルリンの壁、ベルナウアー通り

得点

  • ドイツ観光局TOP100:71位(2点)
  • ベルリン市観光局TOP10:9位(9点)
  • インターネット検索:1位(1点)
  • 合計:12点

解説

1961年から1989年まで、ベルリンは壁によって東西が分断されていました。

ベルリン市観光局のランキングでは9位でしたが、日本人のインターネット検索数が圧倒的に多く、このランキングでは2位に選ばれました。

ベルリンの壁に関する展示は市内に何カ所かありますが、ベルナウアー通りにある「ベルリンの壁メモリアル」が壁の歴史を知るのに最適です。

ここでは実際のベルリンの壁、監視台や無人地帯が屋外展示(年中無休)されています。

隣接の資料センターと訪問者センターでは壁と東西分断の実像が、経験者の証言や、映像、写真などを通して体験できます。

概要


1位:ブランデンブルク門

ブランデンブルク門、ベルリン

得点

ドイツ観光局TOP100:37位(1点) ベルリン市観光局TOP10:2位(2点) インターネット検索:2位(2点) 合計:5点

解説

堂々の第1位はやはりベルリンのシンボルであるブランデンブルク門でした。ベルリン市の公式HPのシンボルマークもブランデンブルク門をあしらったものです。

ドイツの10~20セント硬貨の裏側にも刻印されており、ベルリンばかりでなく統一ドイツのシンボルとなっています。

ブランデンブルク門は18世紀の終わりに、古代ギリシア・アテネのアクロポリス神殿の門をモデルに建設されました。

竣工して間もなく門の上の4頭立ての馬車と勝利の女神像がナポレオンに奪われたり、第2次世界大戦後は東西ベルリンの分断の象徴として門の前にベルリンの壁があるなど、歴史に翻弄されてきました。

今では建設時の名称「平和門」にふさわしい観光名所として、世界中の人が訪れています。

見どころは門の上にある4頭立ての馬車と勝利の女神像、門上部や門柱の間に飾られたレリーフ、マールス神とミネルヴァ神の像です。

概要



まとめ

今回は日本人観光客の人気を加味したベルリンの観光名所ランキングを、最新のインターネット検索数をもとに作成しました。

ベルリンの観光名所7ヶ所を1日で周るコースとしては、
  1. 地図5番ベルリンテレビ塔のあるアレクサンダー広場を出発点に、
  2. ウンター・デン・リンデン通りに沿って地図6番「博物館島」、4ベルリン大聖堂、1ブランデンブルク門、3ドイツ国会議事堂の順番で見学したあと、
  3. ブランデンブルク門に戻り、Sバーン1番線オラニエンブルク(Oranienburg)行きに乗って3駅目の「北駅(Nordbahnhof)」で降りて2「ベルリンの壁メモリアル」を見学、
  4. 「北駅(Nordbahnhof)」からSバーン1番線ヴァンゼー(Wannsee)行きに乗って4駅目「ポツダム広場(Potsdamer Platz)」で降りて11ポツダム広場界隈を見物して夕食、
というルートがオススメです。時間に余裕があればベルリン大聖堂のあとに地図8番のジャンダルメンマルクトを加えます。

日程に余裕のある場合には、ベルリン西部にある残りの観光スポット(地図7、9、10番)に足を伸ばすことができるでしょう。

注目の投稿

【2019年】ドイツの城オススメ15選:ドイツ観光初心者から上級者までレベル別に解説【地図付き】

ドイツには現在 大小合わせて25,000以上の城が存在する といわれています。特に19世紀に建てられた城はロマンチックでメルヘンの世界に入った気になります。ベルリン、フランクフルト、ミュンヘンといった主要な観光都市から近いところには必ず1つは有名な城があります。ドイツ観光であ...

QooQ